HOME > 第28回 関西学生モラロジー研究会を開催

第28回 関西学生モラロジー研究会を開催



 10月8日(土)〜10日(月・祝)、聖徳太子にゆかりのある新貴山玉蔵院(奈良県平群町)において、第28回 関西学生モラロジー研究会を開催しました。関西地方の学生を中心に71名が参加しました。今回のテーマは「合縁輝縁(あいえんきえん)」。身の回りにあるさまざまな「縁」について学び、考える3日間でした。

これまでの縁、これからの決意

 3日間の会では、レクリエーションやウォークラリー、有識者による講義を実施。
 2日目には大原喜久子講師(大阪府中小企業団体中央会女性部会長、一般社団法人日本易学会理事長)が特別講義。同氏が40年間におよぶ四柱推命などの易学との学びを通して得た「当たり前の毎日に感謝できる人が運命を開いていく」との確信を話しました。
 午後からはウォークラリー。七福神の毘沙門天が最初に出現したと言われる信貴山の境内などを散策しました。

 最終日、潟Rミニケ出版代表取締役社長の下井謙政講師が、自身の体験を発表。雑誌『月刊朝礼』を発行する出版社を経営する上での苦労や悩み、現在に至るまでのさまざまな縁を話しました。「意味のない出会いはない。夢はできるだけリアルに」とのメッセージに、参加者は思いを新たにしました。
 最後の分科会では、それまでのプログラムを振り返りながら、それぞれの夢や志を語りました。同世代と胸襟を開いて学びあった3日間。これまでの人生を支えてくれた縁への感謝とこれからへの決意を抱き、帰路に着きました。

レクリエーション
ウォークラリー
下井謙政・潟Rミニケ出版代表取締役社長による体験発表
  • このページの上部へ
  • 前のページヘ戻る
  • トップページへ戻る

News & Event

  • 生涯学習セミナー開催一覧
  • 生涯学習講座開催一覧

トップページへ戻る 前のページヘ戻る このページの上部へ