HOME > 現地の声が心に響いた1日――東日本大震災復興支援「特別講演会」

現地の声が心に響いた1日――東日本大震災復興支援「特別講演会」

 平成27年4月19日(日)、中日本生涯学習センターにおいて東日本大震災復興支援「特別講演会」を開催。同センター概論講座の受講者を含む計516名が参加しました。
 君塚栄治・前陸上幕僚長、鰹ャ松製作所顧問による特別講演のほか、東北物産展や麗澤瑞浪中学・高等学校太鼓部による演奏などを行いました。岩手県陸前高田市と大船渡市のモラロジーを学ぶ会員も訪れ、震災直後からの数々の支援に対する感謝の弁を述べました。

自衛官として現場に携わった君塚氏が明かす教訓

 講演では、JTF(統合任務部隊)が作成した災害の概要を紹介するVTRの上映。その後、君塚氏が実際に目にした被災地の状況を解説、そこから導き出した教訓や、広く国民に知ってもらいたい事実を参加者に紹介しました。最後に「教訓を次の世代へ伝承していくことがきわめて大事である」と述べ、災害に日々備えることの重要性を強調しました。参加者にとっては防災にあらためて意識を向ける契機となる、学び多き講演となりました。

    参加者のようす
会場のようす
東北の物産展
    麗澤瑞浪中学・高等学校太鼓部による演奏@
麗澤瑞浪中学・高等学校太鼓部による演奏A
陸前高田市と大船渡市の皆様を囲んで
    松田和則・大船渡事務所代表世話人による
    手作り“どんこ汁”
東北の名産がふるまわれたランチバイキング
こいのぼりも会を彩りました
  • このページの上部へ
  • 前のページヘ戻る
  • トップページへ戻る

News & Event

  • 生涯学習セミナー開催一覧
  • 生涯学習講座開催一覧

トップページへ戻る 前のページヘ戻る このページの上部へ