HOME > 廣池千九郎中津記念館開設記念特別講座を開催

廣池千九郎中津記念館開設記念特別講座を開催


 平成26年11月1日(土)〜3日(月・祝)、廣池千九郎中津記念館(大分県中津市)において第2回「開設記念特別講座」を開催しました。第1回(5月23日(金)〜25日(日)、51名参加)に続き、同館のリニューアルオープン(平成26年3月10日竣工)を記念して企画したもので、北海道から沖縄まで、全国各地から78名が参加しました。

廣池千九郎の青春時代に迫る


 講義は、モラロジーの創建者・廣池千九郎の中津での事跡をテーマに、井出元・廣池千九郎記念館館長、麗澤大学教授が担当。このほど復刻した『新編小学修身用書』(モラロジー研究所刊、全3冊、元は1888年刊)や地方史研究のさきがけとなる『中津歴史』(1891年刊)といった千九郎の著書等をテキストに使用しました。
「中津は千九郎の青春期であり、原点と言えるもの。モラロジーという学問を始める以前の時代だが、千九郎の人物像を知る上で非常に重要」、「日本が教育によって近代化を図ろうとする時代において、千九郎はその課題に向き合い、道徳教育の教材として『新編小学修身用書』を残した。日本人として知っておいてほしい事実である」という井出氏の講義に、参加者は熱心に耳を傾けました。
 2日目の午後には、千九郎ゆかりの地や景勝地を行く「事績めぐり」を実施。楽しいひとときを過ごしました。

講義のようす
井出元・廣池千九郎記念館館長
熱心に聞き入る参加者
展示室の見学
事跡めぐり(廣池千九郎が勤務した形田小学校跡地)
事跡めぐり(廣池千九郎生家)
  • このページの上部へ
  • 前のページヘ戻る
  • トップページへ戻る

News & Event

  • 生涯学習セミナー開催一覧
  • 生涯学習講座開催一覧

トップページへ戻る 前のページヘ戻る このページの上部へ