HOME > 瑞浪における維持員の集い

瑞浪における維持員の集いを開催

瑞浪における維持員の集い

 10月19日(日)、中日本生涯学習センターにおいて、「瑞浪における維持員の集い」を開催。1000名以上の維持員が参加しました。

 集いでは青年3名による「青年の主張」の発表を行ったほか、稲垣光朗氏(名古屋中村モラロジー事務所代表世話人)が活動の紹介や今後の教育活動について思いを語りました。 廣池幹堂理事長による講話では、東北の復興や日本が抱える深刻な問題、教育の建て直しなど、現状において大きな節目を迎える中、モラロジーがどのような役割を担うことができるかを考え、社会の期待に応えていかなければならないと述べました。

 この集いは、東海・京滋北陸・近畿の各ブロックが主体となって企画・運営したものです。前日には3ブロックの青年40名以上がセンターに結集して、会場設営や当日の駐車場での車両誘導など、集いの進行の手伝いに汗を流しました。 

東海、近畿、京滋・北陸から維持員が参集
青年の主張 杉本麻衣さん
青年の主張 佐藤由佳さん
青年の主張 後藤誠太郎さん
稲垣光朗・名古屋中村事務所代表世話人による発表
廣池幹堂理事長講話
会場を四会場に分けて開催(小講堂)
食堂のようす
ロビーでのようす
  • このページの上部へ
  • 前のページヘ戻る
  • トップページへ戻る

News & Event

  • 生涯学習セミナー開催一覧
  • 生涯学習講座開催一覧

トップページへ戻る 前のページヘ戻る このページの上部へ